当社の特長

ジュエリーケース製造一筋40年の実績

弊社は昭和49年の創業以来、ジュエリー・アクセサリー用ケース製造一筋に歴史を積み重ねてきました。

木地にベルベットを貼る宝石ケースしかなかった時代に、弊社は日本で初めて短繊維の静電植毛加工(=フロッキング加工)の導入に成功し、発売した一連の”植毛ケース”は、ジュエリーケースの代名詞となるほどのヒット商品となりました。
1993年にインドネシア バンドン市に100%出資の製造工場を立ち上げてからは、生地貼りケース・紙製貼箱・縫製ポーチ・樹脂成型ケースなど、フロッキング以外の製造技術へと拡張し、皆さまのお仕事のお役に立てる高品位の宝石ケースの製造に社員一丸となって取り組んでおります。

スタンダードなデザインケースの在庫が豊富

弊社ではスタンダードなデザインケースを数種、自社オリジナル商品として製造し、輸入・在庫管理を行っています。

通常海外からの仕入では、精度の高い在庫管理・スケジュールの組立が難しくなりますが、弊社では自社製造工場の強みを生かし、カタログ商品については極力在庫切れを起こすことがないよう、細心の注意を払っております。 →詳しくはコチラ
そのラインナップは、弊社オリジナルカタログ”jewelry case selection”にて御覧いただけます。

日本人管理による100%出資のインドネシア工場での製造

弊社が1993年にインドネシアに自社工場を立ち上げたのは、パッケージケースをある程度手軽な値段で提供できるようにしたいと考えたからです。

一般的に海外輸入品は、一見安価に見えて、不良品や仕様間違いなどで、結果的に高コストになってしまうことがありますが、弊社では、インドネシアの安価な労働力はもちろん、品質や輸入管理の面でも、海外でつくる強みを最大限ひき出せるよう、現地日本人社長によるしっかりとした管理体制を築いています。
もちろん面倒な輸出入業務やスケジュール管理も当社が行います。単純な価格の比較だけでは見えない”便利さと安心感”をご提案することで、各代理店より高い評価をいただております。

重厚感あるプラスティック樹脂製ハードケース製造が得意

弊社では、紙製の貼箱だけではなく、プラスティック芯地に生地を貼ったハードケースの製造が可能です。工場にはインジェクション成型機を数台所有し、金型も社内で製造できる体制を構築しております。

しっかりとしたプラスティック筺体のハードケースは、紙の箱では表現できない高級感と重厚感で、商品にこめられたみなさまの想いと、その本来価値を視覚的・直感的に伝えてゆきます。

オリジナルジュエリーケースの製造が可能

弊社は製造工程や材料特性を詳細まで熟知している強みを生かし、代理店を通じて、オリジナルケースのOEM製造を行っております。

詳細はご紹介させていただく各代理店の担当者までお問い合わせください。
弊社ではメーカーの立場に特化することで、製造工程や材料特性の詳細まで熟知している強みを生かし、代理店様の依頼を通じて、オリジナルなジュエリーケースの企画製造を行っております。
詳しくは各代理店の担当者までお問い合わせください。

→詳しくはコチラ

 

 

 

お問合せ・カタログ請求

Jewelry Case selection 三栄ケース株式会社
info@san-ei-case.com
〒599-8266 大阪府堺市中区毛穴町128-9
ジュエリーケース、アクセサリーケースのことならお気軽にお問合せ下さい。
お問合せ・カタログ請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|072-289-8583
  • FAXでのお問合せはこちらから|072-289-8584
  • お客様の声
  • インドネシア工場の紹介
  • オリジナルケース工房
  • PT Sanei Case HP

お問合せ・カタログ請求

Jewelry Case selection 三栄ケース株式会社|072-289-8583
〒599-8266
大阪府堺市中区毛穴町128-9
FAX:072-289-8584
Mail:info@san-ei-case.com

お問合せ・カタログ請求フォーム
 

このページの先頭へ戻る